gengoで副業をはじめるには?|仕組みや特徴を詳しく解説【評判もあり】

gengoが気になる人
語学力を活かして副業を始めたい。

とはいえ、英会話教室とかやるつもりないしネットで完結する仕事がいいな。

クラウド型の翻訳サービスの【gengo】って言うのがあるって聞いた。

どうやったら始められるのか、それに仕組み、特徴、評判なんかも知りたいな。

ドリス
今日はこんな疑問に答えます。

【記事の内容】

  • gengoとは
  • gengoで副業をはじめるには
  • gengoの特徴
  • gengoの評判

こんにちは。

エルバス(@elbaz_side_job)です。

この記事を書いているぼくは、クラウドソーシング歴が3年ほど。

現在、本業×副業で生計を立てており、副業の仕事は主にクラウドソーシングを通して受注しており、クラウドソーシングについて詳しいです。

今日はそんなぼくが、【gengo】について詳しく解説します。

エルバス
この記事を読めば、gengoがどんなサービスなのか、またgengoで副業を始める方法などが理解出来ますよ。

gengoとは?

gengoは『翻訳』に特化したクラウドソーシングサービスです。

翻訳はgengoに認定されたプロの翻訳者によって行われます。

gengoの強みは以下の通りです。

  • リーズナブルな価格設定
  • スピーディーな対応
  • クオリティの高い成果物

これを実現しているのは、gengoが抱える21,000人以上の翻訳者と24時間オンラインで繋がることができるからです。

翻訳者は世界中におり、70か国語に対応しています。

ユーザーは個人から企業と幅広く、世界中に愛用者がいる人気のサービスです。

gengoの基本情報

  • 運営会社:株式会社gengo
  • サービス開始:2008年
  • 翻訳者数:21.000人以上
  • ユーザー件数:6万5,000件以上
ドリス
ユーザーの中には、『楽天』や『Amazon』、『リクルート』など名だたる企業も多いから、サービスの質が高いってことがよく分かるね!

gengoの仕組み

gengoの仕組み自体は、通常のクラウドソーシングサイトと変わりません。

gengoのサイトを通じて注文が入り、その中から登録ワーカーが仕事を選び進めていく仕組みです。

gengoの仕事例

では次に、gengoにはどんな翻訳の依頼が来るのかを見ていきましょう。

gengoで主に取り扱いのある仕事は以下の通りです。

  • ECサイトの商品説明
  • 旅行サイトのリスティングやガイド
  • ニュース・ブログ記事
  • ユーザー生成コンテンツ
  • 顧客サポート
  • 広告、ソーシャルメディアの投稿
  • 電子メール・ビジネス資料
  • Webサイト・アプリ

SNSの投稿のようなカジュアルな案件から、ニュースやWebサイトの商品説明文などのビジネス案件まで幅広く揃っています。

エルバス
気軽に取り組める仕事からガッツリ働きたい方向けの仕事まで、なんでも見つかります。

gengoで副業をはじめるには

gengoで副業を始めるには、gengo独自のテスト、『トランスレーターテスト』に合格する必要があります。

エルバス
ちなみにこのテスト、合格率10%と超難関です…

テストの結果により、『スタンダートレベル』または『プロレベル』の翻訳者資格が与えられます。

ユーザーはスタンダートレベルの翻訳者とプロレベルの翻訳者を選べるシステムで、レベルでかなり単価が異なります。

スタンダートの料金:5.0円~/1文字

仕事例

  • 社内メール
  • SNSの投稿文
  • ユーザーレビューなど

プレミアムの料金:9.0円~/1文字

  • プレゼンテーション資料
  • アプリ
  • Webコンテンツ

当然、どちらの仕事を請け負えるかで報酬額も変わってきます。

ドリス
頑張ってプロレベルを目指そう!

トランスレーターテストについて

テストの流れをざっくり説明すると、以下の通りです。

  • 言語ペアを選ぶ
  • 選択式プレテスト
  • 翻訳テスト

言語ペアを選ぶ

まずは自分の得意とする言語を選択します。

エルバス
たとえば、『英語&日本語』などですね。

基本的にペアの1つは自分の母国語を設定します。

選択式プレテスト

選択式プレテストは、5つの問題が用意されています。

5問中4問正解で合格となります。

ちなみに、ここで5問正解するとプロテストの受験資格が与えられます。

翻訳テスト

翻訳テストは制限時間なしで300単語程度のテキストを翻訳します。

ナチュラルな翻訳が求められ、例え意味は同じでもgengoが求める翻訳水準に達していないと不合格となります。

このテストに通過すると、晴れてgengoの翻訳者としての仕事を始めることが出来るようになります。

テストが不合格だった場合

不合格だった場合、72時間後に再受験が可能です。

エルバス
ただし、6ヶ月の間に3回までと制限があるので万全の態勢で臨みましょう!
ドリス
ここでまた落ちると更に6ヶ月待つことになるよ。

テストの詳しい内容は公式サイトをご覧ください。

gengo

gengoの特徴

トランスレーターテストに合格すると、ようやくgengoの翻訳者として仕事が出来るようになります。

gengoの仕事の大きな特徴は以下の3点です。

  • 仕事を選べる
  • 柔軟な働き方が可能
  • 使い勝手の良いワークベンチ

それぞれ解説します。

仕事を選べる

翻訳者はgengoに依頼された数ある案件の中から、自分の興味のある内容や知識を活かせる仕事を自由に選ぶことが出来ます。

柔軟な働き方が可能

ネットで完結するので、パソコンとネット環境があればいつでもどこでも仕事を始めることが出来ます。

自分のタイミングで仕事をすることが出来るので、本業の傍ら副業を行いたい人にはピッタリのサービスです。

使い勝手の良いワークベンチ

スマホ・タブレット・PCなどどんなデバイスにも対応するgengo独自のワークベンチが用意されています。

『機器の扱いが苦手』という方でも安心して仕事に取り組むことが出来ます。

gengoの評判

Twitterから、gengoついてのツイートをいくつか引用してみました。

在宅でできる

翻訳者が飽和状態

試験が難しい

正直、gengoに対する翻訳者目線の評判はあまり見つけられませんでした。

その中でも気になったコメントは、

  • 『試験が難しい』
  • 『翻訳者が飽和状態で試験が受けられない』

という声を多く見かけました。

※需要に対して翻訳者が多くなると、試験が受けられない仕組み

一方、ユーザー目線のgengoに対する評価は、

  • 仕事が早い
  • クオリティが高い

などすこぶる良かったです。

エルバス
精鋭のgengoの翻訳者として選ばれれば、大きなチャンスが待っています!

まとめ|翻訳を副業にするならgengoにチャレンジしよう!

  • gengoとは
  • gengoで副業をはじめるには
  • gengoの特徴
  • gengoの評判

についてまとめました。

クラウドワークスやランサーズなどの他のクラウドソーシングサービスでも翻訳の仕事は見つかります。

ただ、一般的なクラウドソーシングサービスでは誰でも仕事に参加出来るのでライバルが多く、なかなか仕事を受注できないという問題があります。

一方、gengoは厳しい試験を突破することが出来れば、定期的に仕事を受注できるようになり、収益化のチャンスが大きく広がります。

エルバス
翻訳を副業にしたいと思う方は是非gengoにチャレンジしてみてください!
ドリス
それじゃね!

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です